カリブル巡航ミサイルの値段は?アメリカ製トマホークの半分としたら?

2022年4月14日。

ロシア軍が日本海でミサイルを発射しました。

ミサイルの種類は。

巡航ミサイル「カリブル」

最大射程距離は、2,000キロメートル。

海上に設置した敵の船を想定した目標に、

命中させたと報道されています。

このタイミングでの演習は。

日本からの経済制裁を牽制する動き?

対岸の火事ではありませんね。

というか、そもそも。

ミサイルの値段って、一体いくら?

気になりますよね。

そこで、ワタクシ。

  • カリブル巡航ミサイルの値段は?
  • 巡航ミサイルと、弾道ミサイルの違いは?

諸々、調査しました。

ご覧ください。

目次

カリブル巡航ミサイルの値段は?

では早速、本題。

カリブル巡航ミサイルの値段について。

一体、いくらだと思いますか?

100万円?
1,000万円?

調査したところ。

日本のウィキペディア等では、

発見できませんでした。

そんな中。

  • 巡航ミサイルは高価
  • 米国トマホークミサイルは、200万ドル
  • ロシアの巡航ミサイルは、その約半分の費用がかかる可能性がある
  • モスクワの資金調達と製造が制約されてるため、実質的に手頃な値段ではない

と記述したアメリカのサイトで、

ヒントを見つけました。

つまり、

ロシアのカブリル巡航ミサイル1発は?

100万ドル
(1億2,500万円!!)

程度の価格だと推測されます。

これを2発、発射しています。

↓参照先↓
ロシアはウクライナで巡航ミサイル兵器を解き放ちました

しかもこれ。

あくまでも、

「ミサイル単体の値段」です

実際は、

  • 潜水艦への輸送費
  • 潜水艦での管理費
  • 機密事項の防衛費

諸々の経費が、さらに上乗せです。

例えば。

日本の関東近郊で重機をレンタルして、

重さ10t程度のステンレスタンクを工場内で移動させると?

安全管理の人件費を含めて、

100万円近くかかる場合もあります。

この程度の工事でも、これだけの経費。

そう考えると?

ミサイルの管理には、更に比べ物にならない程度の経費がかかるでしょう。

雑に扱って、誤爆でもさせたら。

自分達の命とメンツが台無しですからね。

Sponsored Link


巡航ミサイルと、弾道ミサイルの違いは?

今回発射されたミサイルは、

巡航ミサイルと呼ばれます。

別のニュースでは。

長距離弾道ミサイル

というミサイルもありますね。

巡航と弾道、どう違うの?

そんな疑問もおありかと思います。

調べてみた限りでは。

長距離
弾道ミサイル
カリブル
巡航ミサイル
正確性低い
(範囲が広い)
高い
(特定可能)
射程距離10,000km以上地上目標
1,500〜2,000km
時速戦闘機の6〜10倍
時速20,000km
旅客機と同等
時速700〜1,000km
価格
米国製
3,000万ドル
(約37億円)
200万ドル
(約2.5億円)
発射後の軌道大気圏を移動
軌道は放物線
低空自律飛行
軌道は電子制御
レーダー感知難しい

どちらも、核弾頭を搭載可能です。

費用対効果としては、

弾道ミサイルのコスパが悪い

という記述もありました。

とはいえ、仮に。

どちらのミサイルが投下されるとしても。

被害は大きいでしょう。

Sponsored Link


まとめ

いかがでしたでしょうか。

カリブル巡航ミサイルの値段は?

について、お伝えしました。

今回、ロシアの軍事演習で。

2億5,000万円以上が
一瞬で海に消えています

脅しのためとはいえ、

自ら経済制裁というか。

ものすごい出費ですね。

アメリカ国防総省によると。

ロシア軍は、ウクライナとの戦争で

2022年3月9日までに、

少なくとも670発の巡航ミサイルと
弾道ミサイルを発射しています

今後の戦闘が続けば、

ますます増えていくでしょう。

他の有意義な活動に
同じ経費を使えば良いのに

心から、そう思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Sponsored Link


「カリブル巡航ミサイルの値段は?アメリカ製トマホークの半分としたら?」をイメージさせるミサイルのイラスト画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次