上裸ロシア人?の筋トレ!後ろの熊は本物?おそロシアな動画を解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

2022年3月5日、Twitterにて。

だいたいこの10日間程でかじった知識でロシアやウクライナを理解するとか無理なんだよ

というツイートと共に。

場面は、雪が積もっている森林。

上半身裸で黙々と筋トレをするロシア人?と思われる2人組。

木の枝にぶら下がり、足上げ運動をする筋骨隆々の男性の足をかわしながら。

何故かグローブを着けて、黙々とボディをワンツーで打ち込む、タトゥを入れたイカツイ男性。

音声は、規則正しいミット打ちの音とイカツイ男達の荒々しい息遣いが繰り返されるのみ。

そして、その後ろに・・・

熊が一緒に運動!?

をしている、実に実にシュールな動画がシェアされました。

うん、私にもこの光景は全く理解できません。誰か解説出来ますか?

はい、そうですね。

全く仰る通りです!!(笑笑笑)

まさに、おそロシア。

情報量が多すぎます。

という訳で、ワタクシ。

  • この熊は、ニセモノ?本物?
  • 筋トレしている男性2人は何者?
  • 熊って、人に懐くの?
  • ロシアでは、熊ってどんな扱い?
  • ロシア人の性格ってどんな?
  • ロシアから見てクレイジーな日本の風景は?

諸々、調査&考察しました。

ロシア人を理解する一助になる・・カモ?

肩の力を抜いて、ご覧下さい。

目次

筋トレする上裸ロシア人&後ろの熊!動画へのツイートまとめ

Twitterでの反応をまとめました。

  • 情報量が多過ぎる…
  • …これは絶対理解不能!!!
  • どういう状況wwww
  • フェイクよね?ね?
  • すみませんwどこからツッコミをすればいいか分からないですwww
  • ロシアの笑いは常にハード系
  • 熊さんも従えるロシア、さすが
  • 本当に、興味深い国…最後の笑顔が最高
  • 真偽はさておき、久々にほっこりさせられる動画やな
  • 画面右側に一瞬だけ 熊側を撮ってるっぽい別の撮影者らしき手が見切れてるから、少なくとも危険な状況では無さそうだな
  • こんなこと平気でやるような国だぞ何を期待してる(震え声)
  • とてもリアルな着ぐるみ、、!?
  • さすがに、この熊は着ぐるみですよね!?
  • 奥のクマは着ぐるみでしょうか??? 野生のクマという事はあり得ないにしても不思議な動画です
  • 人よりも熊さんのほうが気になる。ボリショイサーカスの熊さんなんだろうか?
  • この動画見てからロシア軍のイメージが「100体メタルミルコクロコップとその他の熊」しか浮かばなくなりました
  • 熊と仲良くなれるなんて凄いな!世界は狭いように見えて広すぎる…
  • クマは子供が近くにいない限り襲ってこないからこの動画で1番おかしいのは雪があるところで上半身裸になってサンドバッグになってること

いやー皆さん。

お気持ち、良く良く分かります!

何から突っ込んでいいのか、迷いますよね?

一旦、落ち着きましょう(笑)

1つ1つ、確認していきます。

まずは最初に。

この熊は本物?!

から、調査&解説します。

Sponsored Link


動画の熊は着ぐるみ?人に慣れている本物の可能性大!

では、本題へ。

結論から申し上げると。

この熊、フェイクではなく。

人に慣れたリアルな熊だと考えます。

恐らく、サーカスで飼われている熊でしょう。

理由は、以下の通りです。

  • 野生の熊は、雪の降る冬に冬眠する
  • 画像では雪が降っているので、少なくとも野生の熊ではない
  • 熊の毛並みが着ぐるみには見えない
  • フェイクなら、更に毛がモサモサしている
  • サーカスで飼われている熊なら、動画のような動作は簡単にできる

まず、動画では雪が降っています。

通常、野生の熊は。

12月〜4月まで冬眠をします。
(地域差あり)

雪が降る季節は、寝ています。

一方、動物園の熊は。

冬眠をしない事があるようです。

↓参照先↓
クマに注意!環境省より
京都市動物園のブログ

と、いうことは?

画像の熊は、野生ではないと考えられます。

続いては。

↑サーカスで飼われている熊の動画

首でフラフープを回しています!!

これなら、今回話題になっている動画に写っている熊のように。

木の枝を両手で器用に押す事くらい、全く問題なくやってくれそうです。

それから。

着ぐるみのクマだと?

イギリスの缶詰メーカー

JOHN WEST社のCMです。

一見、リアルな熊に見えますが。

人が中に入っている動きを見せています。

見た目の毛並みがボサボサしています。

以上を踏まえると?

やはり、今回の熊は。

フェイクではなく、リアルの可能性が高いと考えます。

Sponsored Link


ロシアには、熊と接触する動画が沢山ある

ロシア文化を発信するサイト

RUSSIA BEYOND

によると。

ロシアは熊王国で生息数が年々増加
生息数は、28万6千頭(2020年)
熊の約半数が、極東で生息
種類は、ヒグマ/北極グマ/ツキノワグマ

との情報があります。

今回話題になっている動画の熊は?

おそらく、ヒグマでしょう。

↓参照先↓
RUSSIA BEYONDで熊を紹介しているサイト

ちなみに。

日本の北海道に生息するヒグマの数は?

2,000〜3,000頭と言われています。

ロシアの生息数、ケタ違いですね!

日本人よりも圧倒的に熊に慣れている状況が、良く良く理解できます。

実際に、YouTubeを見ると。

↑こんな動画も投稿されています。

熊との接触は、日常風景のようです。

しかし、ロシア人。

スゴイですね・・・

熊と相撲を取る、リアル金太郎です。

Sponsored Link


ロシアで人と一緒に暮らす、リアルくまのプーさん(stepan:ステパン)

熊は人に懐くのか?

という疑問に対して、調べてみました。

結論から申し上げると。

小さい頃に拾われた熊は、

人に懐くようです。

ステパン(stepan)

という、ロシアで人と暮らすヒグマを発見。

巨大なヒグマ「ステパン」に餌のサーモンを人間が斬り与えているツイッター投稿画像

巨大なヒグマですね!

一緒に撮影もOKのようです。

動画のロシア女性、美人ですね(笑)

体重:300kg超
体長:2.2メートル
年齢:26才(推定)
拾われた時期:生後3ヶ月
毎日の食事の量:

魚、卵、野菜(合計25kg)
好物:コンデンスミルク
好きな遊び:ボール遊び
出演映画:
ツァーリ
エッジ
ボロニン
ヨルキ-1914
等々
一緒に写真を撮る費用:
30分/39,000ルーブル(42,120円)
60分/78,000ルーブル(84,240円)

お金を払えば、一緒に撮影できるようです。

結構、お高いですね!

まあ、餌代もかかるでしょうから。

妥当といえば、妥当かもしれません。

↓参照先↓
ヒグマのステパンを解説するロシアのサイト

野生のヒグマの寿命は?

20〜30年

と言われています。

2019年に投稿されている動画がありました。

かつ、ヒグマのステパンは。

栄養のある餌を食べています。

恐らく、2022年3月現在も。

元気に暮らしていると考えられます。

実際、ステパンが亡くなった記事は確認できませんでした。

ちなみに。

2016年にロシア国籍を取得したハリウッド俳優。

スティーブン・セガール

ともCMで共演しているようです。

こんな熊。

世界でステパン1頭だけでしょう。

↓参照先↓
スティーブンセガールとステパンの写真

Sponsored Link


熊を飼い慣らすロシア人の性格って?

ロシアでは、熊を飼い慣らしていた歴史があるようです。

古代ロシアでは。

巨大な野獣との接触、それを克服し、征服することは。

ロシア人の自尊心を呼び起こすとされていました。

そう考えると、今回の動画。

撮影の目的は、自尊心を満たしたいのかも?

そんな気がします。

実際に。

1672年に生まれ、ロシアの西欧化を断行したピョートル1世の時代にも。

熊を飼っていたとの記述がありました。

ピョートル1世のプロフィールは。

  • 203センチの大男
  • 造船技術/歯科医/花火師/時計職人/等々、14の技術を持つ職人皇帝と呼ばれる
  • 真冬の海に部下を助けるため、海に飛び込んで感染症にて死亡

だったそうです。

ロシアのリーダーって、、昔から物凄いですね(汗)

ちなみに、1750年には。

エリザベス皇后により、サンクトペテルブルクとモスクワで熊を買う事を禁止しています。

それ以来、訓練を受けた熊は。

はるかに少なくなったようです。

↓参照先↓
ヒグマのステパン公式サイト

一方、2018年にプーチン大統領も。

熊にまたがっているフィギュアが売られて話題になった事があります。

  • 私が熊に乗って駆けている写真を見たことがある
  • だが、熊に乗ったことはまだ一度もない
  • しかしそうした写真はある

と、プーチン大統領本人も述べています。

これまでの調査結果から考えると。

案外、悪い気はしていなかったのでは?

ワシ、ピョートル1世みたいやん?

みたいな感じで(笑)

そして、今回の動画に出ている2名の男性。

恐らく、ロシア人である可能性が高いです。

さらに。

熊に慣れている
人に慣れた熊と生活している
身体を鍛えている

以上の点を踏まえると?

サーカス関連のロシア人だと、推察します。

もしくは、軍人?

見るからにイカツイ体型です。

加えて。

手前の男性が振り返った時。

笑顔がステキですよね?(笑)

知らない人に対して、普段は笑わない

と言われる、ロシア人。

ところが、動画の最後では。

手前でグローブをつけている男性は、振り返って満面の笑顔になっています。

正直に、気分の良さを表現しているようです。

気の置けない仲間内で撮影している状況が推察されます。

というか、この方。

上半身は脱いでOKなのに・・・

帽子だけは被るんですね!

頭は寒いんかい!

ツッコミ所、満点です。

ちなみに。

ロシア人ってどんな性格なの?

と疑問に思い、ロシア在住の方に聞いた所。

  • 踊り、パーティ好き
  • 年中花火(手持ち花火が好き)
  • 路上ハグ&路上キスOK
  • 動物大好き
  • 砂糖と油が大好き
  • タオルでワインを開ける
  • 雪でテンションあがる
  • 外でマスクしない
  • 西側(モスクワ側)ロシア人は陽気
  • 東側(ウラジオストク側)ロシア人は静か

そんな、「あるある」があるようです。

今回の動画で、ロシア人の色々な部分が見えましたね。

ロシア人、実に奥深い。

Sponsored Link


日本で熊と一緒に写真が撮れる場所は?

自分も熊と動画を撮ってみたい!

そんな方もいらっしゃる・・かも?

というわけで、調べてみた所。

日本でも、小熊と写真を撮れる場所がありました。

コチラなら。

安心して癒されながら、楽しい動画が撮影できそうです。

筋トレついでに、いかがでしょうか?笑

今なら。

バズる可能性大、かも??

Sponsored Link


ロシアから見てクレイジーな日本の風景は?

ここまで、あくまでも日本からロシアに対する目線で書いてきましたが。

相手を指差すと?

3本の指は、自分を向いています。

ロシアを理解するにあたり。

ロシアから見た日本は、どう映っている?

という視点も必要かと思います。

そこで。

ロシアから見て、クレイジーな日本の風景はあるのか?

について、調べてみました。

↑ありました!!(笑)

  • 猫だらけの田代島(宮城)
  • 養老天命反転地(岐阜)
  • 大久野島のウサギ(広島)
  • かかしの里(徳島県名頃)
  • 日立海浜公園の花畑(茨城)
  • 蔵王キツネ村(宮城)
  • お台場のガンダム(東京)
  • 山中湖の白鳥遊覧船(山梨)
  • 首都圏外郭放水路(埼玉)
  • 氷の水族館(宮城)

どうやら。

ロシアから見た日本も、中々にクレイジーのようです。

日本人にとっても、珍しい風景ではありますね。

Sponsored Link


まとめ

いかがでしたでしょうか?

Twitterで話題になった熊の動画について、解説しました。

元ネタ動画の情報等々。

他に詳しい事が判明次第、更新します。

しかしまあ。

↑こんな感じの熊が街中を歩いていたら。。。

ちょっと、考えられませんね(苦笑)

大陸ロシア。

確かに、10日間では理解できないです。

まさに、おそロシア。

やばたにえんの麻婆春雨です。

いやあ、世界は広いですね・・・

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!!

↓あわせて読みたいロシア関係記事↓
プーチンの最期を5つ予想!独裁者の末路について知っておくべき実例

あわせて読みたい
プーチンの最期を5つ予想!独裁者の末路について知っておくべき実例 2022年2月24日、ロシア軍がウクライナへ侵攻しました。 ロシア軍のリーダーであるプーチン大統領に対して、各国から様々なコメントが向けられています。 今後、どうなる...

ロシア富豪一家心中|なぜ死亡した?プロトセーニャ氏って誰?資産額は?

ちゃぱにずむ
ロシア富豪一家心中|なぜ死亡した?プロトセーニャ氏って誰?資産額は? スペインのリゾート地にて妻と娘を含め、一家3人で亡くなったロシア富豪のセルゲイ・プロトセーニャ氏。一家心中の可能性との発表ですが、何やら不審なニュースですね。プ...

ロシア人は今、何を思う?リアルな11の声を現地Web投票から発見!

あわせて読みたい
ロシア国民はどう思ってる?リアルな11の声を現地Web投票から発見! ロシアがウクライナを侵攻後。 ロシア国内では、ツイッターなどのSNSが制限され、ロシア国民が発信するリアルタイムな情報が、中々入ってこない状況です。 また、ロシア...
Sponsored Link


ヒグマのステパと一緒に写真撮影する美女の画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次