田口翔の4630万円送金|ネットカジノはどこ?A/L/M社の名前は?

誤送金された4,630万円を

一瞬でネットカジノで使い切った

田口翔

君は4630万円を貰えるか?

というハッシュタグが、Twitterでも話題に。

「お金は働いて返す」

と供述している、田口翔。

とはいえ。

どこのネットカジノ?
A/L/M社って?
そんな簡単に送金できるの?
本当に使い切ったの?
どこかにお金隠してる?

皆さん、疑問ですよね。

諸々、調査&考察しました。

ご覧ください。

目次

田口翔の4630万円送金|ネットカジノはどこ?A/L/M社の名前は?

田口翔が短期間に4,300万円もの大金を送金したオンラインカジノ。

「決済代行会社」と報道されている、

A社/L社/M社

一体どこでしょうか?

公式には、名前が明らかになっていません。

(判明次第、更新します)

入金履歴は。

A社には、3,592万4691円
L社には、300万円
M社には、400万円

金額が端数なので、ドルもしくはユーロ換算での振込だと考えられます。

田口翔は、英語が堪能ではなさそうです。

そこで、

日本語対応OK
頭文字がA/L/M

という条件で、該当するネットカジノを検索しました。

ネットカジノ送金|A社は、どこ?

「A」が頭文字のネットカジノ会社は?

Asian Logic社

という名前がありました。

「ジパングカジノ」という、日本人が多数在籍しているオンラインカジノの運営企業「ASIANBGE」を保有しています。

2007年にロンドン証券取引所の新興市場に上場している親会社です。

ASIANBGE社は、ジパングカジノの他にも2つの日本語対応カジノを運営しています。

ネットカジノは、親会社と子会社の関係が複雑で、短い期間で買収されるなどして安定しない業界のようです。

ネットカジノ送金|L社は、どこ?

「L」が頭文字のネットカジノ会社は?

「ネットカジノ 送金代行」

と検索すると・・・?

Lucky Slots Online
Lilibet

という名前の日本語サイトが。

↓参照先↓
「L」が頭文字のネットカジノ会社「Lucky Slots Online」
「L」が頭文字のネットカジノ会社「Lilibet」

特に、Lilibet(リリベット)は。

「初心者さんが使いやすいように」

シンプルで分かりやすい仕組みです。

サービスは、2021年3月1日スタート。

クレジットカードや電子決済がなくても。

ネットアプリを使用すれば、日本の国内銀行で振込&送金が可能です。

他にも。

LOTTOLAND
ロトランド

LeoVegas
レオベガス

という名前の、海外のネットカジノも。

こうしてみると?

ネットカジノ会社、沢山ありますね。

ちなみに、世界最大のネットカジノ企業は?

ウィリアムヒルカジノ

という上場企業です。

ロンドン証券取引所に上場しており、政府に認可されて透明性のある事業として認められています。

海外では、カジノは合法です。

ネットカジノ送金|M社は、どこ?

「M」が頭文字のネットカジノ会社は?

Mystino
ミスティーノ

という名前がありました。

簡単で安全な入出金
正規のライセンス取得
安心の日本語サポート

という手軽さをアピールしていました。

↓参照先↓
「M」が頭文字のネットカジノ会社「Mystino」

Sponsored Link


仮想通貨さえあれば、オンラインカジノには簡単に送金できる

田口翔が使った送金方法以外にも。

オンラインカジノへ送金する手段は、いくらでもあります。

それこそ、仮想通貨さえあれば。

簡単に送金できてしまいます。

日本の仮想通貨取引所には。

GMOコイン
DMMビットコイン
コインチェック
ビットフライヤー

等々があります。

日本国内で許可を得て営業しています。

さらに世界に目を向けると?

Binance(バイナンス)
FTX
Coinbase Exchange

があり、取り扱う仮想通貨の種類も、

日本よりはるかに多いです。

Binance(バイナンス)の24時間の取引高は?

なんと、約2兆円!!

4,630万円は、おつりレベル。

バイナンスは、(今の所)日本語対応OK。

日本人も簡単に口座開設できます。

暗号通貨の送金は、こういった取引所同士で簡単にやり取りできてしまいます。

例えば。

【パターン①】
日本のGMOコインでビットコイン購入

バイナンスへビットコインを送金

ネットカジノへビットコインを送金

【パターン②】
日本からドル建てでバイナンスへ送金
(SWIFT送金)


バイナンスでビットコイン購入

ネットカジノへビットコインを送金

ちょっと想像するだけでも、送金方法はいくらでも思い付いてしまいます。

海外の仮想通貨取引所に、現金をドル建てでプールしておくことも可能。

もし、仮に。

「ネットカジノで全額使い切った」

と説明している、田口翔がこの流れを知っていたら?

どこかにお金を隠すことは、可能です。

日本の警察や国税局は、どこまで捜査できるのでしょうか?

捜査するとしても。

海外の取引所を日本から直接捜査できる権利がないので、国に依頼する形になります。

オンラインカジノ側としても。

安易に情報開示すると、他の利用者にとっても信用問題に関わりますからね。

事実を突き止めるのは、かなり難易度が高いでしょう。

Sponsored Link


まとめ

誤送金の4,630万円を使い切った、田口翔。

可能性のあるネットカジノと送金方法について、お伝えしました。

田口翔本人の供述によると。

以前からネットカジノの存在は、知っていたようです。

そうでもない限り。

誤送金の直後、迅速に行動できませんからね。

こうしてみると?

マネーロンダリングの手法として、ネットカジノや仮想通貨が問題視されるのも頷けますね。

既に本人のスマホは押収されているので、詳細も明らかになっていくでしょう。

今後の捜査を含めて。

また新しい事が判明次第、更新します。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

Sponsored Link


「田口翔の4630万円送金|ネットカジノはどこ?A/L/M社の名前は?」をイメージする画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次