WBCキューバ代表が強い理由4選!2023年の世界レベルは歴代最強?

当ページのリンクには広告が含まれています。

野球のキューバ代表って、強いの??

そんなアナタの疑問を解決します。

そもそもキューバって、日本に住んでいると馴染みがないので、あまりイメージが湧きませんよね・・・

2023年のWBC決勝では、日本代表と対戦する可能性のあるキューバ代表。

これは要チェック!!

キューバ代表が強い理由や、注目の選手を詳しくお伝えします。

↓あわせて読みたい↓
WBCメキシコ代表が強い理由5選!なぜアメリカに勝利?【2023年】

あわせて読みたい
WBCメキシコ代表が強い理由10選!なぜアメリカに勝利?【2023年】 WBCのメキシコ代表って、強い!? 2023年3月21日のWBC準決勝では、日本代表をギリギリまで追いつめたメキシコ代表。 メキシコといえば、サッカーやボクシングが強いイメ...
目次

2023年WBC|キューバ代表が強い理由

「WBCキューバ代表が強い理由4選!2023年の世界レベルは歴代最強?」をイメージする画像①

では早速、本題。

①:オーストラリアとの接戦に勝利して準決勝進出!

キューバ代表は、日本が2023年3月12日に7-1勝利したオーストラリア代表に4-3で辛勝。

スコアを見ると、日本代表の方が強いのでは?

という見方もできますが。

接戦に勝ったという意味では、

勝負強さがある

と言えます。

キューバ代表の過去のWBC成績は、コチラ。

2006年:準優勝
2009年:2次ラウンド敗退

 復活2回戦で敗退
2013年:2次ラウンド敗退

 復活2回戦で敗退
2017年:2次ラウンド全敗
2023年:準決勝進出

第1回目の WBCで準優勝しているので、やっぱり強いイメージがありますね。

②:世界ランキングが8位の強さ

2023年WBCのキューバは、最新の世界ランキングで「8位」

直近のキューバの世界ラインキングは、以下の通りです。

2021年12月31日:9位
2021年8月11日:10位
2021年6月28日:9位
2020年3月18日:
7位

2020年3月の時点で7位だったので、少なくとも2023年WBCのキューバ代表は、「ランキング」では歴代最強ではありません。

とはいえ、キューバ代表は、直近の3年間で世界ランク10位以内に入り続けています。

2022年12月22日に発表されたサッカーFIFAランクの10位は、あのスペインですからね(8位はイタリア)。

野球のキューバ代表は、サッカーでは「スペイン」「イタリア」と同じレベル感の強さとも言えるでしょう。

サッカースペイン代表は、2022年カタールW杯で日本代表がギリギリで勝利した相手ではありますが・・・W杯優勝経験もある、かなりの強豪国ですよね。

そう考えると、キューバが野球の世界ランキング8位というのは、決して油断できないレベル感です。

↓参照先↓
DAZN|最新FIFAランキング

③:メージャーリーガー・日本プロ野球経験者が多い

WBCキューバ代表には、メジャーリーガー3名日本プロ野球経験者9人がいます(2023年3月16日 Full-countより)

スクロールできます
選手名ポジション所属チーム
ロエニス・エリアス投手カブス
ヨニエス・イエラ投手メキシカンリーグ
リバン・モイネロ投手ソフトバンク
カルロス・ファン・ビエラ投手メキシカンリーグ
ライデル・マルティネス投手中日
ジャリエル・ロドリゲス投手中日
フランク・アルバレス投手中日
ナイケル・クルーズ投手メキシカンリーグ
ホセ・ラモン・ロドリゲス投手メキシカンリーグ
イエウディス・レイエス投手メキシカンリーグ
オネルキ・ガルシア投手ドミニカンリーグ
元中日、阪神
ロナルド・ボラニョス投手ロイヤルズ傘下
ルイス・ミゲル・ロメロ投手アスレチックス傘下
エリアン・レイバ投手メキシカンリーグ
引用元:Full-count

準々決勝(2023年3月15日)のオーストラリア代表戦では、日本プロ野球経験者(モイネロ、マルティネス等)の踏ん張りで、1点差を守り切って粘り勝ちしています。

日本をよく知る選手が対戦相手だと・・・

侍ジャパンとしても強敵ですね!

準々決勝で日本代表と対戦したイタリア代表と比べると、ピッチャーの人数が少ないのが特徴のチームです。

これは油断できません!

④:多くのMLBのスター選手が辞退しても、ベスト4に進出している

つまりは、「選手層の厚さ」です。

2023年WBCのキューバ代表には、家族との亡命などの理由で、以下5名のメジャーリーガーが出場していません。

  • ヨルダン・アルバレス
    (アストロズ)
  • ホセ・アブレウ
    (アストロズ)
  • アロルディス・チャップマン
    (ロイヤルズ)
  • ホルヘ・ソレア
    (マーリンズ)
  • ユリ・グリエル
    (マーリンズ傘下)

これだけの主力選手が出場していないのに、WBCの準々決勝まで進めるキューバって、ある意味強いですよね。

特に有名な選手として、ロイヤルズのチャップマン(35才)は、MLB史上最速の169.1km/hを投げた剛腕ピッチャー。

2009年のWBCにはキューバ代表として出場していただけに、ファンとしては侍ジャパンとの対決が見られないのは、ある意味残念でもありますね。

Sponsored Link


【世間の声】キューバ代表の強さが気になる!

・キューバ代表強いですか?

・強いキューバが帰ってきた

・野球は、日本、アメリカ、キューバが強いって聞いたことがある

・やっぱキューバ強い

・ピッチャーや野手が強い

・今回のWBCはキューバが1番強いと思う

引用元:ツイッター

キューバ代表の強さを気にする声とあわせて、準々決勝のオーストラリア戦を見て「キューバ強い!」とコメントしているツイートが多くありました。

日本の野球ファンも認めている、キューバ代表の強さ。

マイアミでの決戦は、好ゲームが期待できそうです!!

両チームとも、日本から移動してからの試合なので、コンディション調整も重要なポイントになってくるでしょうね。

Sponsored Link


2023年WBC|キューバ代表の主力選手

キューバ代表で要注意な主力選手は、ホワイトソックスの中心選手でもある2名です

①:ルイス・ロバートホワイトソックス

生年月日:1997年8月3日(25才)
身長/体重:190.5cm/83.9kg

出身:キューバ(アメリカへ亡命)
右投・右打
ポジション:外野手
所属チーム:ホワイトソックス

(2020〜)

いかにも「メジャーリーガー」といった風格!

メジャーデビューした2020年のシーズンでは、前田健太(ミネソタ・ツインズ)からメジャー初ホームランを記録し、ゴールドグラブ賞(外野手部門)を受賞しています。

2022年には「380打数・108安打・12本塁打・打率.289」をマークした、打撃と守備力を備える大柄な選手です。

↓参照先↓
MLB|ルイス・ロバート|2022年シーズン成績

②:ヨアン・モルカダ|ホワイトソックス

生年月日:1995年5月27日(27才)
身長/体重:188cm/93kg

出身:キューバ(グアテマラへ亡命)
右投・両打
ポジション:二塁手・三塁手

年棒:1,380万ドル(18.2億円)
所属チーム:ホワイトソックス

(2017〜)

打撃と守備が光るメジャーリーガー。

2019年のシーズンには、リーグ3位となる打率.315を記録。

2023年のWBCでは、三塁を守っています。

侍ジャパンにとっても、要注意な相手になりそうです!

Sponsored Link


キューバでは野球が1番人気?

キューバでは、野球が最も人気のあるスポーツです

全国民(1125.6万人:2022年7月時点)の62%がプレーすると言われている、「国技」

キューバ(公用語:スペイン語)における野球の歴史は、1870年代から始まっており、文化として国に深く根付いています。

1980年代に起きた「キューバ革命」からは、スポーツでの成功を誇りにしているお国柄で、子供が生まれてわずか45日後から、手足を動かして運動を始めるように指導されているほどです。

メジャーリーガーが多いのも納得!!

↓参照先↓
Wikipedia|キューバのスポーツ

Sponsored Link


まとめ

キューバの位置関係を示す画像

2023年WBCのキューバ代表が強い理由について、詳しくお伝えしました。

世界ランキングとは関係なく、強そうなチームですね!

特に、お伝えしたメジャーリーガーの主力選手2名は、要注意な感じがします。

侍ジャパンにとっても強敵ですが・・・ここまできたら、ぜひ頑張って優勝してほしい!

好ゲームを期待して、
応援しましょう!!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

Sponsored Link


「WBCキューバ代表が強い理由4選!2023年の世界レベルは歴代最強?」をイメージする画像①

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次